【7冠名馬ディープインパクト死亡】頚椎骨折で安楽死、急死の理由は?成績は? | 週刊炎上 - 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース週刊炎上 – 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース

炎上ニュース速報まとめ。芸能人や有名人、youtuber、企業などの炎上ニュースをまとめています。

【7冠名馬ディープインパクト死亡】頚椎骨折で安楽死、急死の理由は?成績は?

HOME→カテゴリ:その他悲報ニュース

投稿:2019年7月31日
更新:19/8/1

歴史的競走馬であるディープインパクトが7月30日に死亡したとの報道があった。

平成の名馬であるディープインパクトは競馬に詳しくない人でもどこかで目にしたことがあるかもしれない程有名な馬であり、中央競馬クラシック三冠を無敗で達成し、日本調教馬では初の芝部門・長距離部門で世界ランキング1位を獲得するほどであった。

そんな名馬の急死の由は頸椎骨折(けいついこっせつ)による安楽死であったとのこと。

ディープインパクトとはどんな馬?

  • 名前 ディープインパクト
  • 生年月日 2002年3月25日
  • 品種 サラブレッド
  • 性別 牡馬
  • 毛色 鹿毛
  • 父馬 サンデーサイレンス
  • 母馬 ウインドインハーヘア
  • 馬主 金子真人→金子真人ホールディングス株式会社

日本生まれの日本育ちの馬であり、北海道勇払郡早来町(ゆうふつぐんはやきたちょう)にあるノーザンファームにて生まれた。

名前の由来は、セレクトセール(日本競走馬協会が開催する日本最大のセリ市場)に0歳で上場された際に馬主の金子真人さんに7000万で落札され、「瞳の中に吸い込まれそうな感覚に襲われた」と言う程にその時の瞳の輝きに衝撃を受け、多くの人に強い衝撃を与えるような馬に育って欲しいという思いをこめて「ディープインパクト」という名前が付けられた。

また史上六頭目の中央競馬クラシック三冠を達成したことでも十分にすごいのですが、過去1度だけ無敗で中央競馬クラシック三冠を達成したシンボリルドルフに続いて史上2頭目の無敗で三冠を達成した馬でもあります。

ディープインパクトの生涯の戦績は?

ディープインパクトの生涯の戦績は以下の通りです。

  • 2004年12月19日 サラ系2歳新馬2000m 1番人気 1着
  • 2005年1月22日 若駒Sオープン2000m 1番人気 1着
  • 2005年3月6日 弥生賞(G2 )2000m 1番人気 1着
  • 2005年4月17日 皐月賞(G1)2000m 1番人気 1着
  • 2005年5月29日 日本ダービー(G1)2400m 1番人気 1着
  • 2005年9月25日 神戸新聞杯(G2)2000m 1番人気 1着
  • 2005年10月23日 菊花賞(G1)3000m 1番人気 1着
  • 2005年12月25日 有馬記念(G1)2500m 1番人気 2着
  • 2006年3月19日 阪神大賞典(G1)3000m 1番人気 1着
  • 2006年4月30日 天皇賞(春)(G1)3200m 1番人気 1着
  • 2006年6月25日 宝塚記念(G1)2200m 1番人気 1着
  • 2006年10月01日 凱旋門賞(G1) 2400m 1番人気 3着(失格)
  • 2006年11月26日 ジャパンC(G1)2400m 1番人気 1着
  • 2006年12月24日 有馬記念(G1)2500m 1番人気 1着

以上がディープインパクトが出走した全ての試合になります。

総合獲得賞金は‎14億5455万1000円で1レース事に1億円ずつ稼いでいたことになります。

たったの14試合(国内では13試合)のうち12試合も1着でゴールし常に1番人気であったというのが如何に凄い競走馬であったかを物語っている経歴ですね!

1度目の有馬記念では惜しくも2位となってしまい、初の海外での出走である凱旋門賞では前年の覇者であったハリケーンランという馬を抑えて1番人気になるも3着でのゴールイン、その後禁止薬物に認定されているイプラトロピウムが検出され失格になってしまいました。

イプラトロピウムはフランスや日本でも人間や競走馬に対する使用が認められている呼吸器疾患に使われる薬物であるがフランスではレース開始までにこのイプラトロピウムが体内に残留している状態で出走することが禁止されている為失格になってしまった。

ディープインパクトの死亡理由は安楽死

度々競馬関連のニュースが新聞にも載るがこの安楽死とは何を指すのか、それらも踏まえつつディープインパクトの死因に迫っていきましょう。

今回、ディープインパクトの安楽死が踏み切られた理由は頸椎骨折(けいついこっせつ)が原因。

頸椎とは大雑把に説明すると首の骨の根本あたりのことであり、これだけでも危険そうに聞こえるかもしれませんが、人間が骨折するのと馬が骨折するのでは訳が違います。

何故かというと骨折したという事よりも、その後発症する後遺症や病気等の痛みで苦しみ続けることになってしまうからです。

馬は体重が400kgから500kgあり、ヒヅメが心臓より遠い所にあるため血液を心臓の力だけでは循環させることができず、ヒヅメの蹄機作用と呼ばれるものがポンプの役割をし心臓の代わりをし全身に血液を巡らせています。

ディープインパクトは頸椎骨折をし起立不能状態とのことで、蹄機作用を利用し全身に血を巡らせることができなくなっているので回復の見込みがないとし安楽死になったのです。

ネットの声

  • ディープインパクト 最後の有馬記念…。わたし中山競馬場にいたよ…。
  • 菊花賞のとき初めてディープインパクトをみて感動しました。あれから競馬をやるようになって、10年以上になるんだなぁって思ってます
  • ディープインパクトが死亡したってニュース見て残念だなって思う気持ちが半面と、サンデーサイレンスみたいに産駒が多過ぎて合わせられないみたいなことにならなくて良かったのかも、と思う反転がある
  • 案の定、ディープインパクトの安楽死を可哀想言ってる奴いるのか
  • 全然競馬しらんけど ディープインパクトの動画 初めてみて感動した
  • ディープインパクト…マジで亡くなったのか…いい馬だったのに…
  • ディープインパクトが亡くなったとは。。。お馬さんは骨折が致命的だからね
  • ディープインパクトお疲れ様でした。 泣いてしまうから何も言えない見られない。

まとめ

間違いなく競馬の歴史で語り継がれる平成の名馬であるディープインパクトの突然の安楽死の知らせ。

出走すること自体は10年以上なかったのですがそれでも生きる伝説の名馬がこの世を去ってしまったのは悲しいですね・・・

心からディープインパクトのご冥福をお祈りいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top