【闇営業】フライデーによるでっちあげか!?宮迫博之の契約解消の引き金となった写真は事件との関与がない? | 週刊炎上 - 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース週刊炎上 – 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース

炎上ニュース速報まとめ。芸能人や有名人、youtuber、企業などの炎上ニュースをまとめています。

【闇営業】フライデーによるでっちあげか!?宮迫博之の契約解消の引き金となった写真は事件との関与がない?

HOME→カテゴリ:芸能人炎上ニュース

投稿:2019年7月21日
更新:19/7/22

2019年7月20日、吉本興業所属がお笑いタレントである雨上がり決死隊の宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんとのマネジメント契約の解消を発表した。

過去にカラテカ・入江慎也さんの闇営業の斡旋が判明し、即解雇となった事件にて発覚し11名の芸人が謹慎処分を受けており、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと雨上がり決死隊の宮迫博之さんも同じく謹慎を受けていた。

また、7月19日発売のフライデーにて宮迫博之さんが金塊強奪犯とギャラの発生する飲み会に参加している写真が掲載されたのだが、この写真は実際には会合の際に撮影されたものではなく、店にてお手洗いに行き戻るときに囲まれて撮影を頼まれた際に撮影したものだというのだ。

そうなるとフライデーは事実無根の事を記事として書き宮迫博之さんの信用を落としたことになる。

今回の事件の経緯

闇営業が原因となって宮迫博之さんと田村亮さんが吉本興業との契約解消。

過去にカラテカの入江慎也さんが闇営業の斡旋をし発覚した事件があり、その際に反社会的組織との会合に参加していたことが原因となり宮迫博之さんと田村亮さんを含む11人の芸人が謹慎処分を受けていました。

その際に金銭の受け取りを反社会的組織としていたのではないかとの問いを否定した。

実際は受け取っていた為、世間から批判を受けることとなりました。

その後、2019年7月19日に発売のフライデーに更に闇営業の場に参加しているとして掲載され、金塊強奪犯との映っている写真を報じられ、その結果として雇用元の吉本興業との契約を解消する事態になったというのが今回の経緯です。

実際は会合して撮影していない?

宮迫博之さんと田村亮さんが開催した謝罪会見の場ではフライデーに掲載された写真は事実無根であるとして宮迫博之さんが返答していました。

その実態は友人と店に行っており、その際にお手洗いに行きその戻りに囲まれて撮影を頼まれたので写真を撮ったとの事。

プライベートであれ、普段から一般人に写真撮影を頼まれるのは少なからずある場面でありその反社会的組織の人間であることを判断するのはおろか、気付いたとしても断るのは非常に恐ろしくもあるだろう。

またフライデーの記事を見た宮迫博之さんの友人は憤慨し、既に閉店しているそのお店の店長を探し出してまで証言を取ったとの事。

その際に「店長が撮影をとめようとしたが、宮迫さんが写真位いいと。証言してもいいといってくれてる。お金の受領なんてまったくない」と言い切った。

今回の捏造は名誉棄損に近く訴えられる可能性は?

フライデーとは報道雑誌のFRIDAYであり、今までに色々と問題を起こしている報道雑誌でもある。

また過去にはかなり大きな事件を起こし、訴えられている事例もある。

1986年12月8日に東京都渋谷区の路上にてビートたけし(北野武)と交際していた専門学校生の女性に対して記者が、女性が通っている専門学校の門の前でビートたけしとの関係を聞くために声をかけたのだが、女性がそれを避けて立ち去ろうとし、記者がそれを引き留めるために前方に立ちふさがったりテープレコーダーを女性の顔の前に突きつけたり、手を掴んで引っ張ったりするなどをして捻挫などの全治2週間ほどのの怪我をさせたことが原因となった事件である。

これに対して起こったビートたけしは講談社(フライデーの発行元の会社)に電話をかけ抗議をし、弟子であるたけし軍団を引き連れて本社に襲撃をかけた。その際には「担当者をだせ」と迫り、もみ合いになり「ブチ殺すぞこの野郎!おれは刑務所行きも覚悟している!」とも発言していた。

最終的にはその場で全員現行犯逮捕となって裁判に発展したビートたけしには、懲役6か月と執行猶予2年の判決が下された。

そしてその後ケガを負わせた記者には罰金10万円の判決が下されたのちに控訴するも、棄却され判決は確定している。

この事件がある為、フライデーの会社ではないが過去に1度裁判沙汰にはなっているのだ。

今回の件が宮迫博之さんの言う通りであるならば、写真から勝手な推測をし、宮迫博之さんの話を勝手に捏造していることになる。事実無根の捏造をし、他人の人生を狂わせるだけの影響を持つ記事を有料で販売していたということになると書いたライターはおろか会社自体の信用問題にもなる為、今後大きな問題に発展していくのかもしれない。

また実際謹慎を受けているとはいえ、火に油を注がれた上に嘘の記事を書かれた宮迫博之さんは名誉棄損で講談社を訴えることもあるのではないだろうか?

ネット上の声

  • フライデーは人のプライバシーで金儲けをしてるんだから、せめてガセネタでないことはしっかり確認する必要があるんじゃないの!? 写真があればどんなストーリーでも捏造できる。 間違って人の人生を壊した時に責任どうやってとるっていうのさ!オタク、ガセネタホント多すぎだから嫌だわ・・・
  • フライデーの捏造写真はひどいよな・・・あれはもう名誉毀損レベル。
  • フライデー報道が誤報なら、宮迫さんはきちんと法的な対応をして欲しい。 宮迫さんの為だけじゃなく捏造記事なら許しちゃいけない。
  • 会見を観る限りだとFRIDAYの捏造と吉本の闇が露呈してしまったな。
  • ギャラ飲みはフライデーの捏造やったか(会見内容が真なら)つーか、吉本の「ファミリー」と「ビジネス」の使い分けとかブラック企業の常套手段じゃんか吉本に公的機関は調査入れようよ
  • 雨上がり宮迫引退ってマジ!?でもFRIDAYって適当な事書いてること多いからなぁ。捏造多いって聞くしなぁ…

まとめ

宮迫博之さんと田村亮さんの契約解除で大騒ぎとなっている火種の元のフライデーですがこれが本当に捏造なら報道機関としてはやってはいけないことをしていることになります。

本当に捏造であるならば宮迫博之さんには圧力などに負けないように頑張っていただきたいですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top