【経営権譲渡】J1鹿島アントラーズをメルカリが買収!元の親会社は?今後どうなる?理由は? | 週刊炎上 - 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース週刊炎上 – 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース

炎上ニュース速報まとめ。芸能人や有名人、youtuber、企業などの炎上ニュースをまとめています。

【経営権譲渡】J1鹿島アントラーズをメルカリが買収!元の親会社は?今後どうなる?理由は?

HOME→カテゴリ:企業物議ニュース

投稿:2019年8月1日
更新:19/8/1

2019年7月30日、大手フリーマーケットアプリであるメルカリがJ1サッカークラブの鹿島アントラーズの経営権を日本製紙から買収し取得することが発表された。

また、都内にて日本製鉄、鹿島アントラーズ、メルカリの三社は会見を開き鹿島アントラーズの今後の方針について説明をした。

 

鹿島アントラーズとは?

  • 名称 鹿島アントラーズ
  • 愛称 アントラーズ
  • 創設 1991年
  • 所属 日本プロサッカーリーグ(J1リーグ)
  • クラブカラー ディープレッド
  • ホームスタジアム 県立カシマサッカースタジアム
  • 運営法人 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー
  • 監督 大岩 剛
  • 代表者 庄野 洋

1947年に前身である住友金属工業蹴球団が設立されその後1991年に株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーとなったJ1のサッカークラブ。

現在は茨城県鹿嶋市(かしまし)、神栖市(かみすし)、潮来市(いたこし)、鉾田市(ほこたし)、行方市(なめがたし)をホームタウンとしている。

2018年までに過去8回J1を優勝しており、その数は2番目に優勝回数の多い横浜FM、ジュビロ磐田、サンフレッチェ広島の3回に約3倍近く優勝しており、常勝軍団などとも呼ばれている。

またタイトルだけで見ても国内で20冠を達成している。

なぜメルカリが鹿島アントラーズの経営権を取得?

今回のメルカリが経営権を取得するにあたっては2012年に大手鋼鉄メーカーの新日本製鐵株式會社(しんにっぽんせいてつかぶしきがいしゃ)が同じく大手鋼鉄メーカーの住友金属工業株式会社(すみともきんぞくこうぎょうかぶしきがいしゃ)を吸収合併し新日鉄住金(現在は日本製鉄株式会社)が親会社になったことが発端になっている。

合併後1947年に住友金属工業蹴球団を設立してから72年間も鹿島アントラーズを運営してきた住友金属工業とは真逆の野球やラグビーを応援していた新日本製鐵がスポーツ事業の主導権を握っていた為住友金属工業側の意見が反映されづらくなっていた上、鹿島アントラーズ担当の窓口が役員クラスから部長クラスに降格されてしまったことが経営権の譲渡に大きく関わっている。

地道な経営努力の成果にあり、鹿島アントラーズは年間の営業収益が70億円超を売り上げることができ、親会社の支援なしでも十分にクラブ経営ができるほどに成長したが、規模の維持には親会社の支援が見込み辛いのは無視できる要素ではなく、将来を敵に親会社からの支援投資が見込め、サッカーに理解のある企業を探し始めていた。

もちろん鹿島アントラーズを買収しようと名乗りでる企業は数多く、その中には100億円以上の資金を投資する条件と共に東京に移転し新国立競技場をホームスタジアムにすることを要求する企業もあったとのこと。

そんな中2016年4月から鹿島アントラーズのスポンサーに参入していたフリマアプリ・メルカリは地元の維持を第1条件として買収に名乗りでたのだ。

鹿島アントラーズ側としては、資金の提供よりも地元の維持を優先したが結果として大企業の傘下に入れたのでひと先ずは安心といった所であろう。

メルカリが経営権を取得したが今後はどうなる?

今回、経営権の譲渡の際に鹿島アントラーズの親会社、日本製鉄が保有している発行済み株式の72.5%のうち61.6%を16億円でメルカリに譲渡する契約を結び、都内で日本製鉄の津加宏執行役員と鹿島アントラーズの庄野洋社長とメルカリの小泉文明社長兼COOが会見を開いた。

その際には鹿島アントラーズの今後についてメルカリの小泉文明社長が具体的なプランを発表した。

その際に「当社はテクノロジーが強み。テクノロジーのノウハウでさらにビジネスが拡大できる。テクノロジーを使って、ファン獲得の活動、ビジネスを創出し、テクノロジーと地域共存の成功モデルをつくっていきたい。」と語り、「ビジネスを回すことで、チームを強くし、常勝軍団のブランドを向上していければ」と現在の鹿島アントラーズの国内20冠とJ1優勝8回の根本にある鉄月的なものをそのままに鹿島アントラーズを成長させていくことを掲げた。

買収騒動の翌日の浦和戦ではドロー

前日に自身らが所属する鹿島アントラーズが買収されたとの発表があり、多少の動揺もあったであろう中でも、大きなミスもなく前半戦は0-0のまま進み後半19分から途中出場したFWの伊藤選手が後半32分に先制点をあげるも、終了間際に追いつかれ、浦和レッドダイヤモンズとの試合は1-1の同点引き分けとなった。

今後新筆頭株主となるメルカリとしての方針は大物選手の獲得は現在考えておらず、チームの強化や運営部門はそのまま変えず、大物外国人の補強計画などもないと否定している。

ネットの声

  • メルカリ鹿島の親会社になるとか、すげえカネありそう
  • メルカリが経営権持ってるもんだから、鹿島が選手を移籍させることを「出品」ってwww
  • メルカリ鹿島をか 鹿島好きとしてはちょっと複雑である
  • 鹿島メルカリが買収?メルカリってそんなに大きいの?
  • 案の定鹿島がもうメルカリに出品されてた これからこの手のネタ出品溢れそう…()
  • 鹿島の戦力外選手がメルカリに出品される時代が来ますね!
  • これから鹿島が選手を売却するたびにメルカリで売られたっていわれそう
  • メルカリが赤字っていう話も大丈夫みたいだし、社長はリーグ発足時から鹿島ファンって言うし、ジーコも納得してるなら安心出来ると思う

まとめ

サッカーを知らない人でも鹿島アントラーズの名前はどこかで目にしているであろう程有名なサッカークラブの突然の買収騒動でびっくりした人も多いのではないでしょうか?

しかし現在大手企業であるメルカリに買収されたことで今後も鹿島アントラーズが経営難に苦しむことはなくなったと思われます。

ホームスタジアムや地元の変化もなく、ひとまず鹿島アントラーズファンの方々は安心されたのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top