【京アニ】京都アニメーション放火事件の犯人が特定!?在日韓国人との噂も?被害状況は? | 週刊炎上 - 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース週刊炎上 – 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース

炎上ニュース速報まとめ。芸能人や有名人、youtuber、企業などの炎上ニュースをまとめています。

【京アニ】京都アニメーション放火事件の犯人が特定!?在日韓国人との噂も?被害状況は?

HOME→カテゴリ:一般人炎上ニュース

投稿:2019年7月20日
更新:19/7/21

2019年7月18日の午前10時35分ごろに、大手アニメーションスタジオ「京都アニメーション」(通称京アニ)の第一スタジオに一般男性が侵入し、ガソリンのような可燃性の液体をまき火をつける放火事件が発生しました。
初報の時点で既に約10人の死亡が確認され、40人以上の死傷者が出ており最終的には33名の死亡が確認された大きな事件となりこの犠牲者数は日本で過去に起きた事件の中でも2番目に犠牲者が多い事件となってしまった。
この事件の犯人は警察が情報公開をしなかったため推測の域を出ないままだが、ネット上で沢山の噂が飛び交っています。
また当日は京アニへの取材がありセキュリティがオフになっていたとのこと。

事件の概要は?

2019年7月18日に起きた放火事件で、京都アニメーションに侵入した男性がガソリンのような可燃性の液体をまき火をつけたことによって発生した事件である。
被害状況もかなり大きくその日いた70名のスタッフのうち33名が死亡してしまう悲劇的な事件となった。
また、事件前日にはネット掲示板にて犯行予告と取れる書き込みや当日の朝にはニュースになる出来事を起こす事を思わせるような書き込みがあったりと計画された事件の可能性があった。
その後すぐに犯人は捕まりましたが確保時点で負傷していた為に病院へ搬送され、その後も情報が公開されないまま1日が経ち犯人より、小説を盗んだから放火したこととチャッカマンを使用し放火したと語っていたようだ。
また放火時には「死ね」と言っていたり、身柄確保時には「パクりやがって」と言っていることから相当な恨みを持っていたみたいだ。

犯人の情報は?

正確な情報が伏せられたまま報道機関では報じられていますが犯人情報をもとにネット上ではほぼ特定されている状況になってます。
またマスコミには既に犯人の名前や経歴が判明しているようでまとめるとこのような状況。
「41歳の男性で2012年に茨城県にあるコンビニに包丁を持って強盗に入り、その後逮捕されている。またその後関東にある更生保護施設に入寮していた。
また埼玉県さいたま市に住所があり、茨城県出身である。そして京都アニメーションの従業員でも元従業員でもない。」
ということは警察や報道機関で発表された確定の情報です。

そこからネット上で推測された噂は過去茨城県で起きて逮捕された人物「青葉真司」という人なのではないかと噂になっています。
彼は2012年に茨城県でコンビニ強盗をしており年齢も当時34歳で7年経っている今丁度41歳ということになるので前科持ち、年齢、出身地と同じ場所で起きた事件。
確実な情報ではないですが、状況からしてこの人物である可能性は高そうですね。

また、警察や報道機関が情報を公開しない理由として日本国籍ではない為に情報が公開できないのではないかという推測があり、
在日韓国人ではないかという噂もたっています。

追記:2019年7月19日17時ごろに犯人が青葉真司さんであることが公表されました。

犯人の動機であるパクられた。その真相は・・・?

犯人は自分の小説を盗まれたと自供しているのですが、特定の個人ではなくアニメーション会社である京都アニメーションそのものに強い恨みを持っている為果たして盗用したとは考えにくいです。
またこの盗まれたという話は犯人の逆恨みである可能性があります。
というのも京都アニメーションは小説の募集をしており、優秀作は賞金100万円とアニメ化・文庫本化をすることを賞品として作品の応募をしています。
こちらの応募規定にて原稿の返却はしないと明言されており、原本を残しておきたい場合などはコピーを送ることでも応募できると記載されています。
恐らくは原本を送り、その返却が無いことに対する逆恨みではという推測も出てきています。

甚大な被害を受けた京都アニメーション。今の状況は・・・?

今回の放火事件で第1スタジオは全焼の被害を受けてしまっているため簡単には取り戻せない被害になってしまった京都アニメーション。
有名なアニメーターさんが多く在籍する京都アニメーションで未だに安否の確認が取れない有名スタッフも居ます。
今のところは安否の確認が取れるまで分かりませんがお亡くなりになってしまった方もいるかもしれないです。
更には制作中のアニメーションの動画や過去制作したの原画などもある為それも恐らくは燃えてしまったと思われます。
まだデータは復旧ができる可能性があるのかもしれませんが、人やノウハウに関しては復旧ができるものではないため今後の継続が厳しくなる可能性すらあります。
また、2020年夏に公開を予定していたアニメーションである劇場版「Free!」の制作が延期ではなく中止になったということもあり、
他タイトルも今後被害が出てくる可能性があります。

ネットの声

「私は、京アニが“大好きなアニメ会社”だから悲しんでいるってだけじゃない。今まで“誰かのため”に作品を生み出してきた人の命が奪われたこと
今まで努力を重ねてきたものが燃えてしまったこと、こんな酷いことが出来てしまう最低な人間がいることに悲しんでいる」

「京都アニメーションは会計が安定してるし、自己資本(現金)もちゃんと持ってるから、しばらくは堪えられるかもしれないけど、
現実的にはどんどん自己資本が尽きていって、長くても1年後にはマジで倒産する、というストーリーは、かなり現実的だと思う。」

「出来る事といったら募金とか作品を観るとかしかないんだな…
京アニさん頑張って!!」

「おかんが、ネトフリで観れる中で京アニ作品のオススメを教えてくれと言うので、とりあえずメイドラゴン見てる。懐かしいなーと思いつつチョロっと見てる。
オープニングの名前見てて、このうち何人生きてるんだろうとか考えたら泣けてきた」

まとめ

犯人の人物像は公開されている情報がかなり限定的であった為に確定していないのですが、ネットの情報を洗いざらい見ている人は既に目星をつけていることにも
驚きですが、それ以上に京アニという日本のアニメ文化に大打撃を食らわせる非常に恐ろしいことになってしまった事件ですね・・・。
盗用問題ではなく逆恨みだったらなおの事恐ろしい話ですよね・・・
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top