【ホワイト国除籍 】韓国がグループAからBへ降格が決定し国際問題に!日本の影響やデメリットは?なぜ?理由は? | 週刊炎上 - 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース週刊炎上 – 芸能人・有名人・youtuber炎上ニュース

炎上ニュース速報まとめ。芸能人や有名人、youtuber、企業などの炎上ニュースをまとめています。

【ホワイト国除籍 】韓国がグループAからBへ降格が決定し国際問題に!日本の影響やデメリットは?なぜ?理由は?

HOME→カテゴリ:国際問題ニュース

投稿:2019年9月1日
更新:19/9/1

韓国への戦略物資の輸出管理に疑わしい事案が続出したため日本政府は7月4日輸出規制が厳格化し、日本政府は韓国をグループA(通称ホワイト国)からグループBへの降格をすることを発表し韓国側が反対の意思を示しと国際問題となっている。

ホワイト国とは?

ホワイト国という言葉を聞くことは滅多になく輸出関連の業務を経験していなければ耳することもほとんどない言葉ですが、このホワイト国という言葉は日本が貿易の輸出管理体制が厳格に行われていると日本政府が認めている国の事を指しています。

また、更

に大量破壊兵器や通常兵器の製造に使われる物品、技術や部品が内蔵されている製品が軍事転用されるおそれの少ない国のことを指してホワイト国として貿易しています。

パソコンやスマートフォン等の通信機器などは高度な技術や部品が使用されている為兵器への使用など、軍事的転用に使用される恐れがあり、こういった軍事的転用を防ぐ為に輸出国側が関連品の輸出をきちんと管理する必要があります。

また兵器拡散を防止する条約があり、4つの主要な国際輸出管理レジームが存在して、日本もすべてに参加しています。

更に、日本国内の法規制としてリスト規制やキャッチオール規制といった輸出管理、輸出規制を設けており、この規制を設けた上で、4つの国際輸出管理レジームにすべて参加している国がホワイト国の対象になる事が出来ます。

また、ホワイト国というのは日本の外為法(外国為替及び外国貿易管理法)のもとに定められた輸出令(輸出貿易管理令)の別表第3に掲載されている国の別称のことになります。

何故除籍になった?

今回、韓国がホワイト国から除籍となった理由としては、韓国向け半導体素材3品目の輸出管理厳格化であり、この韓国向け半導体素材3品目は大量破壊兵器などに転用でき、戦略物資の輸出管理に疑わしい事案が続出したためである。

またこの事案として、韓国メディアも、第三国経由でイランや北朝鮮に流れた可能性を報じており、韓国は日本からの最終用途確認の要請に応じなかった為、韓国向け半導体素材3品目の輸出管理厳格化に踏み切ることとなった。

またこの厳格化や軍事的転用の疑いもあったことから、2019年8月2日に貿易上の優遇措置を適用するグループA(『ホワイト国』から改称)から韓国を除外する政令改正を閣議決定することとなった。

輸出規制で韓国への影響はどのくらいある?

ホワイト国の除籍により、韓国側として日本からの戦略物資1120品目のうち「非敏感品目」に分類される857品目を輸入する際に3年間有効な包括許可が個別許可へと変更される為、かなりの手間が増えることとなります。

またこの個別許可は輸入するたびに目的と用途、最終需要地などを一つ一つ知らせた上で日本側が許可するかどうかを判断することになる為今後韓国への輸出がより一層厳しくなります。

また、輸入物品を大量破壊兵器を運ぶ用途などに使用せず、民間用としてのみ使用するという内容の誓約書を送る必要があり、個別の許可を受けるのに一般的に90日かかると言われています。

(戦略物資とは、炭素繊維などの先端素材や電子、通信、センサー、工作機械などの機器部品や化学物質などが挙げられます。)

またこの戦略物資とされるものは一般的な企業でも利用されるものが多く内包されており、大量破壊兵器に用いられる恐れが強いとされている品目として、炭素繊維、チタン合金、ガラス繊維などの素材類や圧力センサー、ジャイロスコープ、周波数測定機などの機器であったり、遠心分離機、大型トラック、クレーン車、大型発電機などの装置や設備が含まれている為、民間の産業にも大きな影響がでることとなります。

また7月4日から輸出規制を適用した半導体核心素材3品目(フッ化ポリイミド・レジスト・エッチングガス)は適用後は数回しか申請許可が出ていない。

また、非戦略物資であっても日本政府が大量破壊兵器や通常兵器に転用される恐れがあるとして判断した場合も個別許可の対象に加える事が出来る為、ほぼすべての産業がこちらの対象になる可能性がある。

また韓国ハイテク製品産業のキーパーツの多くは日本からの輸入であり、大きく日本に依存している産業の為、今後安定的に生産することが難しくなり、世界のサプライチェーンから外される可能性が生まれている。

また韓国政府が力を入れている、電気自動車や燃料電池車などの自動車製造業全般で使用される工作機械やFCVの燃料タンクに欠かせない炭素繊維などの輸出規制が掛かる為今後韓国側と問題になる可能性が高い。

また、2018年度の工作機械を制御するソフトウェアの約90%を日本から輸入しておりEVに搭載されているバッテリーを包むパウチフィルムや先述の炭素繊維も日本製が大半を占めている。

日本への影響はどのくらい?

このホワイト国除籍による日本への影響は非常に小さく世間一般的にはまったく影響がありません。

韓国への輸出を行っている一部企業などの輸出割合が減ることが主に日本側のデメリットになるのですが、実際は輸出中の割合が低いためデメリットがあまり大きくないとされています。

韓国の対応は?

韓国側の対応としては全国民での不買運動などの日本へ反対の意思を示す活動が大きく目立っています。

しかし不買運動では根本の解決にはならない他、現韓国大統領の文在寅大統領はGSOMIAの破棄をするなど反日本への姿勢を強く示しています。

また民間企業や韓国の大手半導体メーカーであるサムスン電子等は中国などは中国や台湾に保有している工場から直接仕入れるなどの対応策を検討していますが、日本企業には対象品目を第三国から出荷するのを拒否する権利があり、また日本の規制をすり抜ける行為をすると国際的な通商制裁を科される恐れもある為実際にはかなり困難な状況となっています。

ネット上の声

  • 日本は日本のための政策やるのが当たり前で、それで韓国が追い詰められても知ったこっちゃないよね。しかもホワイト国除外は韓国の自業自得ですからね・・・
  • ホワイト国除外は、新ココムに基づく輸出管理の厳格化世界の安全保障の問題ですから韓国が是正すれば済んだ事なんだよね。
  • 日本は韓国を怒らせる為にホワイト国を除外した訳ではなく、日本の信用を守る為にAからBに格下げしただけなんだけどなぁ。
  • ホワイト国の除外は必要な資料の提出を求められたのに対して答えずそのことに対する優遇措置の除外だし当然だよね。
  • 小泉政権時に韓国のホワイト国認定を行わなければ良かったのにと思いますよ。そしたらこんな事案にもならなかった。
  • ホワイト国除外は安全保障上の問題であり、韓国政府の対応が改善されない限り、ホワイト国復帰はあり得ないし、韓国政府は応募工問題で国際法違反の状態を是正することなく、GSOMIAまで破棄したのでもう元に戻すのは困難ですね。
  • ホワイト国除外が、安全保障上の事務手続きの問題で三年待ってもまともな回答がないので、警告をして粛々と除外したのが、たまたま今のタイミングだっただけなのに韓国は何をはき違えてるのか?

まとめ

今回のホワイト国除籍は韓国側の不誠実な対応に耐えかねて日本政府側が除籍を決定したとのこと。

それに対して日本側に文句を言っている韓国側や文在寅大統領のGSOMIAの破棄などを考えると今後の韓国は大丈夫なのかと不安になってきますね。

今後の韓国側の動き次第では更に大きな問題に発展していくため目の離せないニュースですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top